早くリタイヤして自由な生活を満喫する

自然を愛し、今を生きるをモットーに!

【心理学から学ぶ】自信を持つ具体的な方法

f:id:burarikun:20200803113620p:plain
自分に自信がない
もっと自信をつけたい
と多くの人が自分の自信のなさに悩んでいます。

自信とは、自分を信じ、信頼する。ことです。
他人に信頼していると言われて、自分はあの人周りから
信頼されていると言われているから自信を持てると思うのは
間違っています。それだと、人から批判されると、
すぐに自信がなくなってしまいます。
このことから、自信を持つ基本は自分軸であることが大事です。

1、自分は自信があるというセルフイメージを持つ
  自信は、自分の能力や価値を確信して、自分を信じて疑わない心です。
  つまり、思い込みにほかなりません。
 ・なんんだか、上手くいく気がする。
 ・できる気がする。
 ・体は軽い
 ・とても気分がいい
 ・心が温かい
 といった、自信をもった状態をイメージする。

2、自分と会話する

  もう一人の自分が、生身の自分に話かける
  ・今、すごく緊張しているね
  ・もう少しだ、張り切っていこう
  ・よく頑張ったね、お疲れさん
  もう一人の自分に登場してもらうことをメタ認知といいますが
  メタ認知が多い人ほど、自分に自信が持てます。
  鏡を用意して、鏡の自分に話かけるも効果的です
  中村天風さんも、鏡に向かって毎日自分に言い聞かせ
  ゆるぎない自信を身に付けていました。

3、自分を知って、自分と信頼関係を結ぶ
  他人と信頼関係を作るとき相手をよく知ろうとしますが
  それと同じように、自分のことを知ることが大切です。
    どんな時に、喜んで、どんな時に、辛くなるのか
    どんな時に、自分を褒めて、どんな時に自分を責めるのか。
  これらを自分に問いかけ、決して自分を否定せず寄り添ってあげます。
  自分の嫌いな部分にも寄り添い、受け止めることが必要です
  自分のありのままを肯定して、大丈夫できるよと、あと押ししてあげる。
  あと押しでとった行動を積み重ねていくことで、自分との約束を
  果たすポジティブンな自分が強化さてて、自信につながります。

以上のことを、1歩1歩積み上げて繰り返していくことで、ゆるぎない自信を
持つことができます。
焦らず、じっくりと時間をかけて自分との信頼関係を築いていきましょう。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村