早くリタイヤして自由な生活を満喫する

自然を愛し、今を生きるをモットーに!

本居宣長の奥墓を訪ねる

f:id:burarikun:20190617170206p:plain
松阪市に生れた、著名な国学者本居宣長がいる
彼は、一生懸けて古事記伝を完成させた偉大な人である
72歳でなくなるまでの数十年かけて古事記伝を作成している
但し、医者の仕事をしながら、古事記万葉集国学を研究
していた。日中は、よく遠くまで歩いて往診していたらしい。
それも、往復で数十㎞もあるいていた。大変な健脚である。
 晩年の60代には、和歌山の紀州藩の殿様に源氏物語万葉集
の講義をするために和歌山まで1週間ほど歩いて数週間和歌山で
講義して大阪、京都を回って数週間かけて三重まで戻ってきて
いる。 一日で30㎞以上歩く日もあったようだ。
 同じ松阪に住む住人として、好きな偉人であるが、宣長の墓が
郊外の山にある。わたしの家からこの山まで6㎞ぐらいなので、
歩いてたまに行く。この山は、宣長がこよなく愛した山気清らかな
山で、そこに敢えて墓を建ててほしいと遺言に残している。
 家から1時間ぐらい掛けて歩いていき、お墓を参拝して、山の中で
小一時間ほど過ごす。聞こえてくるのは、鳥の声や風の音しか
聞こえてこない。人もほとんどいないのでしばらく山の中で瞑想
する。
心までが澄んでくるので、とてもいい気持ちになって山を下りた。
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村