早くリタイヤして自由な生活を満喫する

自然を愛し、今を生きるをモットーに!

染色体を守っているテロメアの数で寿命が決まる

f:id:burarikun:20190531214837j:plain
染色体とテロメア
人にはだれもが寿命がある。人が最大いきても120歳の寿命である
これは、だえもが持っているテロメアの数で決まっているらしい。
テロメアは細胞の染色体の末端にあるが、それぞれの染色体が
ばらばらにならないように守っている。
つまりこのテロメアが減っていくと細胞が死んでしまい寿命となる。

テロメアは、誰もが生まれた時は、1万塩基対あるが、半分の5千になると
細胞が死んでしまい寿命をむかえる。平均で50塩基が減っていくので、
例えば100年で5000になって寿命になる。

テロメアのまたの名を寿命の回数券といって、ガンや糖尿病、脳卒中などの
大きな病気になると、大きくテロメアを減らしてしまうらしい。
つまり、寿命の回数券をどう使うで寿命が決まってしまう。
人は、細胞分裂を繰り返しているが、この時にテロメアを消費している、

また、高血圧や肥満は分裂を早め、テロメアの消費を速めてしまう。
もう一つ、テロメアの消費を速めるのが、活性酸素である。活性酸素
食品添加物や、食べすぎでも出してしまう。
つまり、食事や生活習慣によって健康の体を作って、病気にもならないように
すれば、自ずとテロメアの消費が抑えられて長生きできるようになる。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村