早くリタイヤして自由な生活を満喫する

自然を愛し、今を生きるをモットーに!

食事は、1日2食ぐらいがちょうどいい

会社生活をしているときは、単身赴任をしていたこともあるが
外食で油っこい食事がどうしてもおおくなり、高血圧、コルステロール値が
高く改善項目になっていた。今考えると、お腹いっぱい食べてストレスを
解消しようとしていたこともあったと思う。体重も年々増えていった。

最近は、肉を食べる回数を減らし、野菜中心の生活にして体重も半年で5㎏
減った。お腹が空かないと食べないし、食事も腹八分で抑えている。
家庭の血圧計で図ると血圧は下がってきている。体調もすこぶる良い。
不思議と頭のてっぺんが剥げかかっていたが、毛が生えてきた。

世の中には、時々断食をしている人もいるそうだが、人類はもともと飢餓に
耐えながら生きてきたので、飢餓に近い状態の方が細胞が活性化し、飽食が
続くと逆に病気になるらしい。確かに成人病など生活習慣病などの飽食による
病気が増えている。
食べないくて健康であるなら無理して食べることはないと思う。

3食の生活が定着したのは、明治時代に軍隊が3食制を取り入れてからで、
それまでの江戸時代では、10時頃に朝食、夕方の夕食の2色が一般的で
あったそうだ。夕食も、もともと夕方食べるから夕食というらしい。
私も真似しているわけではないが、朝のお腹が空いた時に果物か納豆など
を食べて夕方に野菜中心の早めの夕食をして、夜は早めに寝ることにして
いる。体重も適正体重になってすこぶる体調がよくなった。

f:id:burarikun:20190423135411j:plain



にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村