早くリタイヤして自由な生活を満喫する

自然を愛し、今を生きるをモットーに!

日本文化

狭い部屋で40年間勉強した本居宣長の鈴屋を訪問

鈴屋:本居宣長の勉強部屋国学者の本居宣長は、膨大な古事記伝を残した人で有名だが 彼がこの仕事を四畳半一間の狭い空間で何十年もかけて成し遂げている 宣長が住んでいた松坂市の鈴屋は、2階建てで1階は、本業の医者の 仕事をしている場所で、お客の待合室…

日本の八百万(やおよろず)の神の考えが好きだ

八百万の神八百万神は全ての万物に神が宿って、神々が自然を見守ってくれている 日本では、大木や石にも神霊が宿り祭っている神社もある 日本の神道の思想でもあるが、全てを許容する力を感じる自然の中に身を置いていると、とても清々しい気持ちになったり …

津田梅子と並ぶ近代史で女性の活躍の場を広げた人

新札の津田梅子氏の名前を聞いて最初に思い出した人が荻野吟子氏だ。 荻野吟子は、女性で初めての医師国家試験を合格して医師になった人で 若いときに夫に性病を移され医師になる志をもって、男性しか学んでいない 医学の世界に、数々のいやがらせや妨害にあ…

日本人は働きすぎのようだ

今日の新聞に「いそがし」という水木しげるの妖怪について書かれていた いそがしは、暇な人にとりついて、その人が忙しく動き回ることで楽しんでいた。 しかし、昔は出番があってよく楽しんでいたが。今は、忙しくしている人が ほとんどで出番がなくて寂しく…