早くリタイヤして自由な生活を満喫する

自然を愛し、今を生きるをモットーに!

人間は宇宙からの訪問者に遺伝子操作されたハイブリッドの存在らしい

f:id:burarikun:20190610185922j:plain
最近、スピリチュアル系の本を読んでいると、人間は地球への訪問者から
遺伝子操作されていることをのべている。
 それが、30万年前ぐらいで霊的にも今より進化していた。
我々は、サルから人に進化して、物を使うことから技術を進歩させて
1万前より、1000年前より人類は、科学の進歩で物質的に今がいちばん
進歩していると思っている。
 しかし、物質文明としては進歩しているところもあるだろうが、
精神面では、ブッダやイエスがいた2000年以上前より、決して進歩して
いるとは言えないだろう。むしろ物質文明として進歩した分、退化して
しまっているかもしれない。すくなくとも霊的な面はまったく退化して
いるのだろう。
 人類として最古のレムリア大陸の文明は、物質的なものは少なかったが
精神面や霊的には、今よりかなり進んでいたらしい。
 信じるかどうかは別にしても、サルから進化している証拠もないので、
進化論は、説にすぎない。宇宙からの訪問者から作られた説があっても
いいだろう。
 さらに、お金が支配する物質文明を作り出してしまった今の経済社会に、
我々は、身もこころも支配されてしまって、心に余裕がなくなっている。
もっと、自らの魂に耳を傾け、自然を感じる時間を増やしてこころの余裕
を持ちたいと思う。
 ついつい昔のレムリア時代のお金という概念がなく、幸せに栄えたレムリア文明に
思いをはせてしまう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

反抗的な甥を立ち直をらせた良寛さん

禅宗の昔のお坊様で良寛さんという方がいらした。
良寛さんは、東北地方の生まれで庄屋の家でお兄さんがいた
お兄さんのご子息が、稼業をつぐことに反抗して、親の言うこと聞かなくて
荒れた生活をして困っているので、良寛さんに説教してくれと相談した。

甥は、良寛さんからいろいろと言われるだろうと、会う前から身構えていて
こう言われたら、こういってやろうと準備していた。
でも、会って話しをしても一向に叱られる様子がないし、世間話しで終わって
いざ、帰るときに、甥っ子が良寛さんの草鞋のひもを結んでいるときに、
良寛さんが何もいわずに泣いているのを見た、その姿から自分のために泣いて
くれているのが伝わってきて、この人は、自分の気持ちを理解してくれているのが
分かって心を動かされた。その後、心を入れ替えて生きた。

良寛さんは、甥っ子の稼業を継ぎたくない、嫌だというやるせない気持ちや
哀しさを感じ取り、思わず堪え切れず泣いてしまった。
人は、寄り添って分かってくれる人がいると救われる。
ひとは、生まれながらにやさしさを持っている。
それが、外からのいろんな制約や、わずらわしい概念に捻じ曲げられてしまっている。
一人ひとりが、周りからのノイズに振り回されないようにして、人間本来のやさしさに
目覚めていく覚悟がいるのではないだろうか。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

染色体を守っているテロメアの数で寿命が決まる

f:id:burarikun:20190531214837j:plain
染色体とテロメア
人にはだれもが寿命がある。人が最大いきても120歳の寿命である
これは、だえもが持っているテロメアの数で決まっているらしい。
テロメアは細胞の染色体の末端にあるが、それぞれの染色体が
ばらばらにならないように守っている。
つまりこのテロメアが減っていくと細胞が死んでしまい寿命となる。

テロメアは、誰もが生まれた時は、1万塩基対あるが、半分の5千になると
細胞が死んでしまい寿命をむかえる。平均で50塩基が減っていくので、
例えば100年で5000になって寿命になる。

テロメアのまたの名を寿命の回数券といって、ガンや糖尿病、脳卒中などの
大きな病気になると、大きくテロメアを減らしてしまうらしい。
つまり、寿命の回数券をどう使うで寿命が決まってしまう。
人は、細胞分裂を繰り返しているが、この時にテロメアを消費している、

また、高血圧や肥満は分裂を早め、テロメアの消費を速めてしまう。
もう一つ、テロメアの消費を速めるのが、活性酸素である。活性酸素
食品添加物や、食べすぎでも出してしまう。
つまり、食事や生活習慣によって健康の体を作って、病気にもならないように
すれば、自ずとテロメアの消費が抑えられて長生きできるようになる。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村

ワンネスという意識状態

f:id:burarikun:20190527194227j:plain
ワンネスとは、自然や宇宙と一体になった意識状態をいう
周りの人も、木も草も周りのものとの一体感を持ち、大いなる
愛にみたされた感覚になる。宇宙意識と一体になるようだ。

最近、ワンネスの扉という本を読んだ。
フランスの男の人が書いたものだが、小さい時にUFOに遭遇してから
家の中で、宇宙人の気配を感じるようになり、大きくなってから
ワンネス体験をされている。

ワンネスを体験して、この幸福感を多くの人に体験してもらいたいと
日本でも先日、自分の体験を語るセミナーを開かれていた。
私も、とても興味があるので聞きに行きたかったが、知ったときは
終わったあとであった。次回チャンスがあれば参加してみたいと思っている

最近、脳や心に感心があるが、ワンネスは魂の世界のことで、脳だけでは
理解できるものでない。多くの人が脳を盛んに使って仕事をしたり、
日々勉強しているが、魂を磨くことにほとんど時間を割いていない、
たまには、頭を空っぽにして、自然の中で感覚を研ぐようにしたいと
思った。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村

サラダバーのトマトでお腹いっぱい

f:id:burarikun:20190524191316p:plain
たまにステーキ屋に行くが、休日は混んでいる人気店なので、平日のお昼に行った。
ステーキも美味しいが、野菜がサラダーバーで食べれるのが狙いでもある。

メインディッシュを持ってくるまでの待ち時間でけっこうサラダを食べてしまう。
なかでも食材としては普段高いのであまり買わないトマトをもっとも多く食べてしまう。

トマトで思い出すのが、ドイツ、オランダに出張した時の朝食だ
ホテル朝の朝食は、どのホテルも定番の生ハムやソーセージやスクランブル
エッグがあるのだが、野菜の代表格がトマトであった。
ヨーロッパでは、トマトが大量に食材に使わている印象がつよい。

日本のホテルでは、生ハムがあるところが少ないが、ヨーロッパでは
何種類かの生ハムを置いているホテルが多い。スーパーでも、生ハムの
種類や量は、びっくりするぐらい多い。生ハムが好きな人にとっては、
スーパーでの買い物は楽しみのひとつになっているだろう。

後、ヨーロッパではピクルスがホテルの朝食で食べられるところが多い
し、スーパーでも大きさ別のピクルスがたくさん置いてある。
ピクルスが好きな私にとっては、日本でももう少し置いてほしい
と思うことがある。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村

平日に伊勢神宮へ行った

f:id:burarikun:20190518162132j:plain
平日の朝から伊勢神宮の外宮と内宮に参拝した
平日だけど通常より人が多いと思った。
参拝人数を見ると、ここ数か月の平均で一日数万人ぐらいで
休日になると2倍近く人が増えている。
やはり即位の礼があったので、伊勢神宮にお参りしたい人も
増えているのだろう。
外宮で本宮以外に別宮がいくつかあるので、少し脇道に入って
それぞれの宮を参拝した。神宮では別宮も本宮と同じ待遇をされている
と知って、別宮の神様が、宮は本宮ほど大きくないが、ほぼ同格にお祭り
されていることに感動した。

内宮は、おかげ横丁でお昼を取ってから参拝した
参道は、とても清々しい空気に満たされていてとても気持ちが良かった。
去年は、外国の方はほとんど見なかったが、最近は海外の人も見かける
これも、退位の礼の影響だろうか。伊勢神宮という、日本の最強の
パワースポットが好かれるのは当然のような気もした。

帰りに、久しいぶりに赤福を買って食べた。
あんこともちの単純な和菓子だが、あんがやわらかでソフトな触感と味
が本当に美味しかった。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村

ゴルフの帰りにロードサービスのお世話になった

f:id:burarikun:20190513180740j:plain
ロードサービス

三重のゴルフ場を3時前に出て、10分ほど走ったところで道に迷ったので、
道路わきの草むらでナビを再確認しようと車をよせたところで、側溝に車輪が落ちて
しまった。側溝が草で覆われて全く見えていなかった。

ほとんど、車の通行のない山の中の道路だったので、結構動転した。
最初に、自力で脱出できるか車を持ち上げてみようとしたがびくともしなかった。
左前輪だけ落ちたので、どうにかエンジンを吹かして無理やり出れないか試したが、
右後輪から煙がでたのでビビッて諦めた。後で調べてわかったが、後輪駆動なので
後輪タイヤが回転したときに、タイヤがグリップを奪って回転してタイヤの表面が
焼けたせいだ。まるでドラフトしたときにでる煙と同じ原理である。

JAFFに電話して対応お願いした。JAFFに入会していなかったので親切なJAFFの方が
自動車保険でロードサービスを保証していないか確認したほうがいいと助言してくれた。
保険会社に電話したら、15万円以下までの対応が無料のロードサービスをを契約していた。
30分程度で来ていただき10分程度で引っ張り上げて難を脱出できた。
ロードサービスの方に感謝して、帰路に着いた。

待っている間、これが夜だったら、携帯の電池がきれて連絡がつかなかったら、
けがをしてしまっていたらと考えると、車の通りの少なく民家も近くない田舎道で放置状態に
なったことを考えると、怖さを感じた。
その日は、疲れて早く休んだが、今回のような小さな事故であったが、大きな事故も一瞬で
いろんな偶然が重なって起こると思うと、寝る前に無事に帰れたことに感謝した。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
にほんブログ村テーマ 日常の小さなできごとを愛する生活へ
日常の小さなできごとを愛する生活