早くリタイヤして自由な生活を満喫する

自然を愛し、今を生きるをモットーに!

心理学から学ぶ【無価値感を解消する】

無価値感とは、
自分は生きる価値がない、自分は何の役にもたたない
といった自分の能力、健康、境遇などを否定する感情を言います。
うつ病に見られる代表的な症状の一つで、うつ病性障害の診断基準の
一つに、毎日無価値感が見られるとあげられています。
無価値感の程度は様々ですが、生きる気力をなくしたり、些細なことでも
自分の評価に否定する材料になってしまいます。

無価値感を持ってしまう人の特徴

他者と比較してしまう癖がある
 あの人はみんなに好かれるけど、私は好かれない
 あの人のほうが収入が多いけど、私は少ない
 あの人は好い評価をされるけど、私は評価されない
そんな感じで、自分と他者を評価して、自分は劣っていると感じてしまう
これが無価値感に繋がってしまいます。

欠乏している部分に目を向ける

自分の欠点、短所、嫌いな部分ばかり気にしてばっかり。
本当は良い部分や長所があるはずなのに、自分のダメなところばかり
探してエネルギーを注いで、自分に価値をみいだそうとしない。
そうやって自分の中の無価値感をゆるぎないものにしてしまう。

自分は人に愛されないという感覚でいっぱい

小さいときに、親から本当にダメな子だね。など怒られてばかりしていると
知らない間に自分はダメなんだと思い込みます。
親に愛されるため、褒めてもらうためには今の自分のままではいけないんだ
という観念が根付きます。
この観念が自分の中に定着すると、自分は変わらない限り愛されない、
認めてもらえないという感覚でいっぱいになり自己無価値感をずっと抱えてしまう。

無価値感を解消する方法

1、他人との比較癖にストップをかける
  収入、出世、結婚した年齢など、会社の同僚や友人などと比べてします。
  いちいち他人と比較する必要が本当にあるのでしょうか。
  人には、それぞれの良さや持ち味があり、個性や特徴があるはずです。
  すでに自分に与えられているものを、積極的に磨いていくことが大事です。
  
  意識して他人と比較しないようにしましょう、意識しないとずるずると
  他人と比較することにエネルギーを使って消耗してしまいます。

2、些細なことでもポジティブに捉える
  無価値感の強い人は、ネガティブなものに目を向ける時間が長いです。
  ポジティブに受け止める余裕がないので、ポジティブな出来事も
  ポジティブに捉えられなかったりします。
  些細なことでも、ポジティブに受け取るようにようにします。
   食べた料理が美味しかった。太陽が暖かく気持ち良かった。
   気になっていた情報が知れた。欲しかったものが安く手に入った。
  また身近なところで、休まず動いてくれる自分の体、来ている服、
  自分の居場所となっている家などなどに感謝の気持ちを持つ。
  小さな、些細なことからポジティブに受け取ることをしていると、
  ポジティブに受け取る思考が板について、ネガティブなものに目を向ける
  時間が少なくなります。

3、自分がしたい時間を増やして、自分に意識を向ける。
  無価値感が強いひとは、すぐに自分から目を背けて、
  周りへ無意識に意識を向けているので、自分を主語に毎日を生きるようにしましょう。
  自分に意識を戻して、今何がたべたいのか。今何がしたいのか。
  今どこへいきたいのか。日常の些細なことであっても自分に問いかけ、
  自分の本心に気づていく。
  自分のしたことに耳を傾け、自分に意識を向けることで、
  無価値感を抱く自分から卒業できるようになります。
  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

【心理学に学ぶ】孤独感を解消する方法

人はなぜ孤独を感じるのでしょうか
孤独で寂しいと感じる理由は、
 ・心の支えになる人がいない 
   自分の気持ちが話せる人やこころの支えとなる人がいないと
   寂しさや孤独感が強まります

 ・自分の存在が認められない
   毎日、自分なりに頑張っていても、自分の良さや個性を認められれ
   いないときほど、孤独で寂しいと感じやすくなります

 ・私は人と違うという意識が強い
   自意識が強いと、人とかかわる恐れが強まり、自分は人と違うという
   プライドをつくる場合がある。このプライドが強まる分だけ寂しさや
   孤独を感じやすくなります。

孤独や寂しさを感じやすい人の特徴は
 ・弱音が吐けない
 ・何事も一人で頑張る
 ・人と仲良くなると不安になる
 ・もので気持ちの埋め合わせをする癖がある
 ・人から注目されたい気持ちが強い

孤独や寂しさを解消する方法
 ・寂しさを嫌わない 
   そもそも、寂しいという感情は誰しもが持つ感情で問題ではありません
   寂しさを隠そうとしたり、嫌うことで扱えなくなり苦しくなるます。
   寂しさを感じた時こそ、もっと自分を認めるときが来たよ。
   というサインと思って、よくがんばっている自分をほめてあげましょう。

 ・自分への肯定感をあげる
   孤独を感じた時に私なんてと自分を責める人がいます。責めることで、
   一時的に孤独感がなくなることがありますが、責めすぎることで自信を
   失います。日々、自分ができたことに目を向けて自分を愛おしく、
   自分を認めていきましょう。

 ・頑張りすぎない
   頑張ることがいいことで、美徳であると日本人は強く思い込まされているので
   ついつい頑張ってしますが、頑張りすぎて自分を追い込んで孤独感や寂しさが強く
   なります。
   頑張らなくてもいい、ほどほどでも良いと今の自分を受け止めてあげましょう。
   
 ・人に与えることをする
   人に親切にすると自分がうれしい気持ちになります。
   お金やものを与えるだけでなく、ありがとうの一言でも相手に気持ちを
   伝えることで、お互いうれしい気持ちになります。
   人との小さなつながりが孤独感や寂しさを消してくれます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

【心理学から学ぶ】自信を持つ具体的な方法

f:id:burarikun:20200803113620p:plain
自分に自信がない
もっと自信をつけたい
と多くの人が自分の自信のなさに悩んでいます。

自信とは、自分を信じ、信頼する。ことです。
他人に信頼していると言われて、自分はあの人周りから
信頼されていると言われているから自信を持てると思うのは
間違っています。それだと、人から批判されると、
すぐに自信がなくなってしまいます。
このことから、自信を持つ基本は自分軸であることが大事です。

1、自分は自信があるというセルフイメージを持つ
  自信は、自分の能力や価値を確信して、自分を信じて疑わない心です。
  つまり、思い込みにほかなりません。
 ・なんんだか、上手くいく気がする。
 ・できる気がする。
 ・体は軽い
 ・とても気分がいい
 ・心が温かい
 といった、自信をもった状態をイメージする。

2、自分と会話する

  もう一人の自分が、生身の自分に話かける
  ・今、すごく緊張しているね
  ・もう少しだ、張り切っていこう
  ・よく頑張ったね、お疲れさん
  もう一人の自分に登場してもらうことをメタ認知といいますが
  メタ認知が多い人ほど、自分に自信が持てます。
  鏡を用意して、鏡の自分に話かけるも効果的です
  中村天風さんも、鏡に向かって毎日自分に言い聞かせ
  ゆるぎない自信を身に付けていました。

3、自分を知って、自分と信頼関係を結ぶ
  他人と信頼関係を作るとき相手をよく知ろうとしますが
  それと同じように、自分のことを知ることが大切です。
    どんな時に、喜んで、どんな時に、辛くなるのか
    どんな時に、自分を褒めて、どんな時に自分を責めるのか。
  これらを自分に問いかけ、決して自分を否定せず寄り添ってあげます。
  自分の嫌いな部分にも寄り添い、受け止めることが必要です
  自分のありのままを肯定して、大丈夫できるよと、あと押ししてあげる。
  あと押しでとった行動を積み重ねていくことで、自分との約束を
  果たすポジティブンな自分が強化さてて、自信につながります。

以上のことを、1歩1歩積み上げて繰り返していくことで、ゆるぎない自信を
持つことができます。
焦らず、じっくりと時間をかけて自分との信頼関係を築いていきましょう。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

縄文時代は、なぜ1万年も続いたのか

f:id:burarikun:20200608171118j:plain
縄文時代は今から1万6千年前から1万年の間続いた。
彼らの生活は、狩猟だけでなく、粟やきびも栽培している。
狩猟に使う矢じりには石を加工して作った。
農耕用の鍬なども今の鍬の鉄の部分を石で加工して作っていた。

これらの道具は、武器にもなり得るが、今までの調査で、縄文時代
争った形跡は発見できていない。大きな集落も見つかっているので、
皆で協力して食料を調達し、収穫していたことが想像できる。

食事は、山菜や芋、栗、魚、貝、鹿の肉などを食していた。
また、土器の鍋で火を焚いて粟やきびでお粥にして食べていた。
お祭りでは、火をおこし、大きな土器を鍋として野菜やお肉を入れて、
鍋を囲んでみんなで食事することもあった。

縄文土器は、非常に情熱的な柄模様で太陽の塔を作製した岡本太郎さんが
絶賛しているが、世界的にも芸術的に評価されている。
縄文土器は、竪穴式住居で冬など寒いときに、子供も一緒に家族で
土器づくりをしていた。日々の生活を生きていくために過ごして
いただけでなく、土器にしろ勾玉にしろ芸術が生活に溶け込んでいた。

縄文人は、生きるため衣食住を整え、芸術をたしなみ、お互いが助け合い
ながら生きた。かられは、いつも自然と隣合わせで、自然の一部というメンタルで自然と同調していたと思われる。
長きにわたり平和的に過ごせたのは、平和的なメンタルがベースにあったからだろう。自然とともに生き、一人ひとりが充実した今を生きて幸せであったのだろう。そうでないとすぐに争いが起きて滅んでしまう。

近代人は、100年以上も戦いのない平和な世界を実現できていないことを考えると、縄文文化縄文人のメンタルからもっと多くを学ぶことができると思う。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村

いまなぜ縄文時代が注目されるのか

f:id:burarikun:20200604123911p:plain
縄文時代は、今から約16500年前からはじまり
1万年続いた時代である。
学校では、狩猟生活が中心と教わったが、農耕もしていた
ことが近年わかったきた。
驚くことは、1万年以上も平和な状態が続いたことである。
弥生時代の頭蓋骨には、争いの矢じりの後などがあるが
縄文時代の頭蓋骨には、人間同士が争った跡がほとんどない。
縄文時代が衰退した原因は、7300年前に薩摩半島に近い
鬼門カルデラの大型噴火で、日本全土の大災害と考えらえている。
その時代の人口の26万人が7万人まで減ったと言われている。

日本の歴史や世界の歴史を見ても、時代は戦いによって遷移して
いるが、縄文時代の終焉は戦いではなかった。
縄文土器に見られる高度な芸術、狩猟だけでなく農耕技術、
また航海技術にも長けていたことがわかってきた。
世界的にも、1万年平和が続いた稀有な文明として注目を集めている。

平和で豊かな芸術を生む人間性は、精神文化が現代よりも
進んでいたといえる。現代は物質文明と言われお金をベースにした
経済を発展させているが、ひとりひとりの人間が幸せといえない。
逆にお金や、生活することに追い詰められている人のほうが多い。

今の時代に不足しているのは、豊な物質面ではなく
豊かな精神面ではないか。縄文時代の人たちは、人は自然の一部と
考えていたようだ。草木と同じように、自然の中から生命をもらった
存在だと。日本の萬の神の思想は縄文時代からつながっているのかもしれない。
物、物の社会から、自然に帰ることが文明を存続させる大事なこと
のように思われる。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村

自分の波動をあげる

f:id:burarikun:20190527194227j:plain
思いが実現するとか、引き寄せの法則とか、思い通りに
自分の願いを実現させる話は、スピリチュアル系だけでなく
成功者の話の中にも出てくる。
 自分の思いの強さも、引き寄せの法則も、自分の波動が
高くないと実現しない。逆に、波動が低いネガティブなもの
であれば、ネガティブなものをそのまま引き寄せてしまう。

波動が高いとは、ポジティブな思いと同じであり、愛と調和
で満たさせて状態である。純粋なこころで、実現したい内容を
感じ体感することで、思いは実現されるし、引き寄せられる。

目をつぶって、心を整え、呼吸を整えると、その境地になる。
決して難しくはないが、雑念として余計なこだわりや、執着が
あるとなかなか心が整えられないし、波動もあがらない。
速やかに、ネガティブな思いは手放して身軽になるのがいい。
人間関係や金銭関係の色々なネガティブな思いが次から次へと
出てくるが、どんどん手放して身軽になることが
思いを実現させるコツである。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村

コロナ自粛中に自分を見つめて、自分を許し大切に思う気持ちを持つ

f:id:burarikun:20190610185922j:plain
コロナ自粛で、自分を見つめる時間ができると、
自己嫌悪したり、嫌な奴のことを思い出して悶々として
しまうことがよくあると思う。
 自己嫌悪は、自分の外側の評価を気にしすぎていたり
自分に対して、こうでなければいけないという縛りが強い場合に起こる。
 自己嫌悪を無くすには、周りの評価を気にせず、
自分の内面に目を向け、自分を縛っていた観念を捨てることだ。
 自分の外側にばかり目を向けていると、
自分の人生が他人や組織にコントロールされた人生になってしまう。
 自分の人生だから、自分でコントロールした人生にするためにも、
自分の内なる声に耳を傾け、湧いてくる思いを素直に行うことで、
自己嫌悪になることはない。
 嫌な奴のことも、思い出したくないのに、
すぐに頭の中に浮かんできてしまうのは、
他人の評価や周りの声が自分の生き方に左右してしまう
と思っているからだ。
いつも周りの評価を気にしている生き方をしていると、
自分の人生なのに自分でコントロールできない生き方になってしまう。
そんな生き方を我慢してつらい思いをしているなら自分を、
慰めて解放してあげよう。
もっと自分の思いに素直になって自分を許してあげよう。
自分を大切に思い、自分の望む生き方に変える機会を
コロナ自粛は与えてくれていると思う。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村